love or like

 話は大分さかのぼって、高校の卓球部でキャプテンをしている時のことです。ある日、一大決心をして全部員に伝えました。「卓球に対する思いが、loveなのかlikeなのか。loveの人は残って下さい。likeの人は退部して下さい」と。何故、こんなことをやったのかといいますと、当時、卓球は非常に人気のあるスポーツで、入部する人があとをたたず、定員をはるかに越えていました。その結果、多くの部員が卓球台につけず、素振りや球拾いばかりしていました。
私はと言いますと、小学生から大会に出ていたので、中学生からうまくなりたい一心で練習をしてきました。しかしながら部員の中には、暇つぶしで入部してきた者もいて、真剣にやる者に取っては、適当にやる者を許せなかったのです。そこで、部員数があふれたのをきっかけに、整理することにしました。
その基準がlove or like だったのです。
このlove or likeを別の表現では、「真剣にする人と適当にやる人」とも言い換えられます。どの集団でも、この2種類の種族が存在しますが、私は真剣にする人達のリーダーです。真剣に取り組むと、その過程での充実感、勝った時の達成感がたまりません。負けても、その悔しさがエネルギーとなって次は負けるものかと、新たな工夫をしながら再度、挑戦します。
その繰り返しによってスパイラル状に力がついてくるのです。
楽しみ方は様々ですが、私は「真剣に取り組んだ結果得られる楽しみを善し」とします。そんな人たちだけが集まる会社が「欧文印刷」です、と言ってしまいます。(社員のみなさん! いいですよね。)