恥ずべき30代

年を取ると多くの人は「若いころに戻りたい」と言います。しかし、私はそれなりに老人を楽しんでいますし、間違ってもあの恥じ多き30代に戻りたいとは思っておりません。これは一般論として言っているのではなく、私の30代ですから誤解なきよう。何を恥じているかと言うと、自信過剰と傲慢さです。いつだったか、親しくさせていただいていた10歳以上の先輩経営者から、「隆史君も失敗するといいんだけどね」、とさらりと言われました。言われた瞬間、えっそれって何?と思いましたが、先輩は既にその鼻持ちならない自信過剰が気になっていたんでしょう。自分では、常に謙虚に振舞っていたつもりでしたが、他人から見える私は違っていたのです。その自信過剰の私は、バブル経済の崩壊とともに崩れました。そして、しばらくたってから、その先輩が言ってくれたことがようやく腑に落ちたのです。いろいろなことが、ある時間を経過しないと真実が見えてこないものです。だからこそ、必要以上にこれで本当にいいのかと、何度も何度も振り返る必要があると思います。特にうまく行っていると思った時は。