みんなで作る社風

社風とは、社員の無意識の言動だということは、先月に話しました。人は命令では動きません。動くのは本人の意志です。同様に社風は命令して作られるものではありません。書き終えたけどもっと良くしたいから書き直そう、説明したけどまだ納得していないようだから、明日改めて説明しなおそう、提案したけど言葉足らずだったから補足説明をしておこう、落ち込んでいるようだから、励ましの言葉をかけよう、こういう時には一緒に動こう。これらの気持ちや意識がスタッフの一人一人に身についていて、自然とそのような行動を取るのです。それが社風です。ハワイで最も信頼されて、愛されているアロハストリートの一員、という意識が背筋を伸ばしてくれていると思いませんか。アロハストリートだから恥ずかしい真似は出来ない、このような思いが私たち一人一人の背筋を伸ばしてくれるのだと思います。一人一人にとって、今日も気持ちよく仲間と仕事ができると思い、勇んで出社する、いい仕事をしたいと思う気持ちが自然と湧き出てくる、それが好もしい社風だと思います。