社風

以前、欧文印刷は野村證券さんとお取引をさせていただいておりました。親しくなった課長に、「御社の社員はなぜあんなに長時間働くのですか」と聞いたことがあります。皮肉にも「社章」もヘトヘト証券と読めました。とまれ、私の質問に件の課長は「それは長時間働くのが当然と考えているからだと思います」と答えられました。まさに当時の野村證券さんは、月100時間残業は当たり前だったのです。いったいどうしてこうなったのでしょう。それは、件の課長がおっしゃったように「長時間残業は当然」という集団心理かと思われます。誰かがある行動を始めると、他の人がそれを追随する。結果的にそこにいる人は、みな同じような行動をとる、ということです。実は、ルールや制度でなく皆が自分の意志でとやっていること、話していることが、すなわち社風なのです。