論語

私のもう一つの性格として、“人に迷惑をかけない”、例えば、“約束した時間は必ず守る”というのがあります。待たされた人にしてみれば、大切な時間を奪われたようなものです。何にしても泥棒になってはいけません。こんな性格なので、いつ頃だったか忘れたが「論語」に出会って夢中になって読みました。読めば読むほど納得の連続で、大いに刺激されたものです。短い文章には無駄がなく、ずんずん心に入りこんできました。そして、「仁」を体得し、「礼」を体現することを学びました。浅学菲才の私にしてみれば、当然、“論語読みの論語知らず”であることは否めません。しかしながら最も共感した、いや学んだ「仁」、「礼」に関しては、言行一致させて行きたいと心から思っております。「仁」と「礼」こそ、人間の品格、品性を表すものです。教養、知恵を磨きながら品格、品性を磨き続けたいと思うからです。