Ryummunication

------------------------------------------
2020年度は、ハワイの子会社のウィンキュービックで朝礼の時に読み上げていたものを
再録させていただきます。「Ryummunication」です。経営独言のエッセンスでもあります。
------------------------------------------

RyushiのcommunicationでRyummunicationとなります。もう何十年も前に欧文印刷の誰かが命名してくれ、このタイトルで私の考えを発信していました。今、あらためてこの名称を復活させ再びウィンキュービックの皆さんに発信していきたいと考えています。
私の今までの人生のほとんどが経営者でした。父親が欧文印刷の創業者でその長男として育ったせいでしょうか、それは当然だと思い今日に至っています。経営者としての私がどんな悲壮な覚悟をしているかと申しますと、そしてそれを家内にはっきり伝えたのは一度や二度ではありません。それは、むごい表現かもしれませんが、「私にとって一番大事なのは会社経営であり、家庭は二の次」だと。会社の危機と家庭の危機が同時に来たら、一瞬でも早く会社の危機の手立てをするということです。
私はウィンキュービックを今よりも良くしたいと日々取り組んでいます。今までもそうでしたが、今も皆さんに大変な思いをさせているかと思います。少しでももっと報われる会社にしたいと心から思いながら、読者に広告主に、もっと喜ばれるものを提供していきたいのです。この点については、皆さんと志を共有出来ているのではないかと思います。共感の度合いをもっともっと高められるように努めますので、協力宜しくお願いします。