謀反

 実は、ある人が徳富蘆花の言葉にスゴイのがある、ということで頂いたのが、下記の文章です。
「諸君、謀反を恐れてはならぬ。謀反人を恐れてはならぬ。自ら謀反人となるのを恐れてはならぬ。新しいものは、常に謀反である。」
4行詩みたいな文章だが、最後の文章で全体が輝いた、と思うのは小生だけだろうか。そう言えば、何年か前に、当社の風土で残しておきたいもの、と尋ねたら多くの社員が、「新しいものにチャレンジする姿勢」と答えた。でも、個人的には、謀反に対して積極的な会社かと言うと、そんな大それた雰囲気は無い。
とまれ、読めば読むほどこの最後の表現はスゴイ。やはり、我々もこの姿勢であるべきだ。