私の強み、会社の強み

 企業の強みは、「社員の強みとその数の積分」です。旧聞になりますが、ある営業マンが、「当社にはこれといった強みがないので、売れません」、と言ったので、怒ったことがあります。正直言って、当社規模の印刷会社の中では、欧文印刷は飛び抜けた強みを持っている、と自負しています。
残念ながら、内側にいる皆さんには、それに気がついていない人がいるかも知れません。そりゃ確かに「欧文印刷」という社名から連想すると、殆どの社員が英語は話せて、読める、と思われているかも知れません。事実は残念ながらそうではありません。しかし、印刷会社の中で、英語でコミュニケーションが出来て、いろいろなジャンルのコンテンツを10数各語に翻訳し、外国語の組版ルールには精通していて、タイポグラフィ(的確な書体選定)にも長けている、こうなってくると、こういうことができる印刷会社は日本では限られてきます。
デジタルプロダクトにしても、クロスメディアパブリッシングの開発やプログラム組版サービスなども、非常に限られた印刷会社しか対応できません。実はもっともっとあります。詳しくは最近作成した「サービスメニュー」を見て下さい。如何に、ユニークな印刷会社かわかります。
繰り返して申しあげます。会社の強みは「社員ひとり一人の強みの集積」です。そこで、あらためて、このパブリックな場を借りて、敢えて、欧文印刷の全社員諸君に問いたい、あなたの強みは何ですか、と。
皆さんが欧文に自信を持つことは、すなわち、皆さんひとり一人が自分に自信をつけていくことに他ならない、のですから。