真似る

 新しいことを学ぶ時、私たちは先生の話に耳を傾けます。作法があれば、真似ようとします。当たり前ですが、生徒は先生の真似をするのです。
さて、会社ではどうでしょう。業務手順が変わったり、新しいシステムが導入されたり、新技術を覚える時など、上司や先輩から教えられます。すなわち、仕事そのものについて、教える、教えられる、という状況がそこにあります。しかし、仕事は人生の一部です。人生観や生き方が、仕事の仕方や仕事に対する考え方に反映されています。とすると、部下を持つあなたは、時間の使い方に始まって、仕事の意義、人生観や生き方を教えるのが筋ではないでしょうか。
私たちは、上辺のことより本質を教えてくれる上司に対して畏敬の念を抱きます。部下を一人でも持つリーダーの皆さん、目的、目標を持ってひた向きに生きている”自分を真似ろ”と部下に言いましょう。それが言えることこそ、リーダーとしてのプライドです。