好きな言葉、嫌いな言葉

 今年の社長塾のテーマは相変わらず”当社の価値観”。参加者は今までで(3年目)一番平均年令が若い。そこで本題に入る前に、自分自身を見つめ直してもらう意味で、”好きな言葉と嫌いな言葉”を書いてもらうことにした。いわゆる、自分を言葉で再発見してもらう作業である。参加者は若いだけに、明快な言葉で自分を定義する、ということはやったことがなかったらしく、戸惑った様子もあったがこのテーマは押しなべて新鮮に感じたようだ。当社の価値観である、”チームワーク、コミュニケーション、信頼関係、プロ意識、チャレンジ、問題解決”を共有しよう、と呼びかけても、自分の信念が何なのかはっきりしていないところに、”会社の価値観”の話をされてもピンとこないだろうと思ったからである。
まずは、自分の信念―すなわち価値観―を明らかにして、しかるのちに欧文印刷の価値観を理解し実践してもらえば、気持ちよく仕事が出来る。ひいては、お客様に喜んでいただける、ということになるわけである。
ちなみに、私の好きな言葉と嫌いな言葉は以下の通りです。
好きな言葉
自分らしい生き方、オリジナリティ、死ぬまで成長、謙虚、前進、感動、思いの共有、伝えること、自分以外は全て師、目標達成、目的意識、巻き込む、一人では大したことは出来ない、知恵、工夫、創造、問題解決、ウィンウィン
嫌いな言葉
停滞・後退、独り善がり、他責、横柄、考えない人。
好きな言葉の方が多くてなんかほっとしています。