信用と信頼

 「あなたは信用できない」、と言われたらショックの一言に尽きます。なぜなら全人格が、否定されたからです。それに対して、「あなたの仕事は、信頼できない」、と言われたらどうでしょう。勿論、聞きづらい話ですが、この場合は、任されている「仕事」に対する評価です。すなわち、言い換えれば、他の仕事なら「信頼できる」、と言われるかもしれないのです。
「信用と信頼」の違いについての私流の解釈ですが、現に周りには、「明るく、誠実で、優しく、弁も立ち、動物好きな人でありながら、与えられている仕事が出来ない人」は、確かにいます。こういう場合に、この人は、人間としては信用出来るが、仕事振りは信頼できない、と言えるのです。
「信頼を得る」ためには、約束を守る、期待に沿う成果を上げる、コーチング、的確な報連相の実施、などが一般的です。
信頼され、信頼する関係を組織の上下左右で、あるいは私たちを取り巻く人間関係の中で作り上げていく、これはひとり一人にとって大きな使命ではないでしょうか。