コミュニケーション上手

 信頼関係を築くには、コミュニケーションが不可欠です。最近、メールが普及してきましたが、コミュニケーションの原点は、会うこと、そして、話すことだと思います。会って話さないと、その時の表情、態度、姿勢や目配せ、あるいは服装、身だしなみがわかりません。これらもお互いを理解する重要な要素だからです。
コミュニケーションは苦手、という人がいますが、何故そう思うの、と聞くと、必ずと言っていいほど、「うまく話せないから」と返ってきます。話がうまい人が、コミュニケーション上手かと言うと、私の経験では、話がうまい人ほど、コミュニケーションが下手です。何故なら、うまい人は概して話し過ぎてしまい、相手に話させません。人は、自分の話を聞いてくれ、気持ちを汲んでくれた、と思った時点で、ほっとするものだからです。あまり話せないと思っている人は、立て板に水の如く話す人を見て、劣等感を抱いていたかもしれませんが、それは今日からやめましょう。
コミュニケーション上手は、人の話を聞いてあげられる人です。まずは、相手の話に耳を傾けて、十分理解したあと、おもむろに話し始める、そうしたら相手も話を聞いてくれます。それを繰り返せば、お互いに自分の言いたいことが、言い合えるのです。それが、本当のコミュニケーションだと思います。