ウィークリーメッセージ 5

7月からお送りしている「ウィークリーメッセージ」の続きです。
今回は、6年前の11月の内容です。

———————————————————————————

2008 ・11 ・02 (日)
26.仕事を面白くする
若いころから、命令されてする仕事に面白さを感じたことはありませんでした。翻って、自分が発想した仕事はそれこそ面白くてたまりませんでした。これは今でもそうです。人がやっていないこと、人が喜ぶこと、これを見つけたときはいつも小躍りしてしまいます。仕事は工夫次第で、面白くなるのです。

真似一倍 工夫で価値は 何十倍

2008 ・11 ・09 (日)
27.謙虚に、謙虚に。
3人の師うちの一人、ジム ナップ氏。去年の秋の経営独言に、「研修旅行」に登場した方です。この経済危機の中でどのくらい大変な思いをしているのか、心配しながらその実態を聞くのが怖くて、メールを出せませんでした。ところが、彼からメールが来たのです。

今まで経験したことのないひどい状況だ、と冷静に書かれてありましたが、その中で、「どのくらいあなたの経営独言を読むことが助けになっていることか、そして毎日読んであなたの言っていることを考えて見たい」、と書かれてあるのです。なんという謙虚さでしょう。彼の方が余程立派な会社を作ってきたし、一回り以上彼の方が年上なのです。

こんなことを言われて気恥ずかしいやら、ちょっと嬉しいやら。しかし、スゴイのは彼のその謙虚さです。彼から見れば、私は若造です。しかし、その若造の考えを真剣に考える、この姿勢です。いや、恐れ入りました。やはり、彼は私の“師”です。間違いなく、一生の“師”です。

謙虚なる 師の姿見て また学ぶ

2008 ・11 ・15 (土)
28.仕事に飽きる
成長意欲のある人に、“何も工夫するな”、“やり方を変えるな”、“言われた通りやれ”、は禁句です。別の見方をするなら、上記の言葉を言い続けて、何も変わらない人は、成長意欲の無い人です。成長意欲のある人は、仕事を面白くするためにいろいろ工夫します。面白ければ飽きる訳はありません。

飽きぬよう いつも頭を 使ってる

2008 ・11 ・22 (土)
29.仕事に惚れる
異性に惚れたことがない人はいないと思いますが、その時のこと覚えていますか。年がら年中、その人のことを考えていませんでしたか。どうすればその人から好きになってもらえるか、好きな人からもっと好きになってもらうにはどうしたらいいか、などなど。仕事に惚れたら、仕事がもっと楽しくなるのです。考える楽しさ、出来る楽しさ、喜んでいただける楽しさ。折角ですからもっと惚れてみませんか。

惚れたから 寝ても覚めても 仕事漬け

2008 ・11 ・30 (日)
30.開発ラッシュ
12月の経営独言のテーマは“開発ラッシュ”です。是非、読んでください。それから、11月29日の日経新聞土曜版の「お役立ちグッズ」というコーナーで“消せる紙”が紹介されていました。この反響も大きいと期待しています。

ここで一言。「開発行為は他人事ではない」、という事です。あなたにも出来ることなのです。まずは何かに疑問を持つ→深く深く疑問を持つ→ある時解決の糸口になる何かをひらめく→それをさらにどう具現化するか考える→深く深く考える。この一連の流れが「開発」につながるという事なのです。

開発は 疑問を持つこと 第一歩
うなるまで 考えるから 見えて来る