ウィークリーメッセージ 4

7月からお送りしている「ウィークリーメッセージ」の続きです。
今回は、6年前の10月の内容です。

———————————————————————————

2008 ・10 ・05 (日)
22.成長の第一歩
それは、“気づき”です。“気づき”がなかったら何も始まりません。“気づき”を大切にしてください。と同時に“気づける”ように、先入観、固定観念、自意識などにとらわれ過ぎないようにしましょう。

気がつけば それが成長 第一歩

2008 ・10 ・11 (土)
23.成長のステップ2
それは、“行動”です。よく「わかっているけど、出来ないんだ」、「俺はそんなに意志が強くない」などといういい訳を耳にします。それで済ましていて良いんですか。あなたの人生ですよ。そんなもったいない人生を送っていたら後で後悔しますよ、と言いたいですね。

気がついて 行動すれば 大絶賛

2008 ・10 ・18 (土)
24.成長のファイナルステップ
それは、成果を手にすることです。しかし、時として、成果が出ない時があります。二つの理由があると思います。“やり方”と“時”の問題です。まずは、やり方について謙虚に知恵を使って検証します。その結果、別の方法論が浮かんだら、それをやってみる。まさに試行錯誤です。それを何回繰り返しても納得出来る成果が出ない時、それは“時”の問題だと思います。しかし、諦めず、その“時”が来るまで精一杯、努力しましょう。

行動し 成果が出たら ヒーローだ

2008 ・10 ・25 (土)
25.コミュニケーション
スピーチであろうが、対話であろうが、そこには“相手”がいます。この“相手”をどれだけ意識できるかで、コミュニケーションの善し悪しが決まります。まず、“相手”ありきです。この“相手”に向かってどう話せば伝わるのか、誤解無くわかってもらえるのか、これが一番大切です。

往々にして、自分の論理で、自分勝手な言葉と表現で、自分本位で話しているのを見掛けます。あくまでも“相手本位”でコミュニケーションしましょう。

昨日の経営協議会での説明でも、自分本位の説明が目立ちました。自分が知っていることは、相手は知らない、という前提で話せばもっと通じます。

丁寧な コミュニケーション 成せば成る