ウィークリーメッセージ 25

一昨年8月からお送りしている「ウィークリーメッセージ」の続きです。
今回は、6年前の7月の内容です。

--------------------------------------------

2010 ・07 ・03 (土)
113 . “こと”シリーズ「行動すること」
当たり前ですが、人の“心”は見えません。どんなに優しい心を持っていても、苦虫をつぶした顔をしていたのでは、その優しさは伝わりません。心の中でお礼を言っていても、相手には聞こえません。そうです、なんでも「動作」をしなければ伝わらないです。

会うこと、話すこと、手紙を書くこと、そういった「行動」がないとわからないし、伝わらないのです。すいません、当たり前のコトで。でも皆さん、この当たり前が確実に出来ていますか、“ありがとう”を、“ごめんなさい”をタイムリーに言っていますか、タイムリーに行動していますか?

タイムリーに やるのは無理と 言わないで

2010 ・07 ・10 (土)
114. “こと”シリーズ「休むこと」その1
「休むこと」が嫌いだ、という人は変人です。仕事をすることを“on”とすると、休むことは“off”です。誰かが言っていました、「いいoff があるから、いいonが持てる」と。この落差が大きければ大きいほどいいのではないでしょうか。

もう一つ言えば「休み方」です。いい休み方は、休んだあとで、“休めた”と感じられることです。心を解放してあげる、家族との触れあいを楽しむ、体を休ませてあげる、これらを上手にやっていい“on”にして下さい。

休むこと off が良ければ on もいい

2010 ・07 ・17 (土)
115. “こと”シリーズ「休むこと」その2
“脳”は夜寝ている間に、前日にあった様々なことの「整理」しているのだそうです。ということは、重要なことはその日に決めないで、早くても翌日に決めることが良さそうです。なにしろ寝ている間に「整理」をしてくれるのですから。

私の場合は、その重要度によってかける時間が違います。精神が高揚している時に決めつけない、ということもありますが、時間を掛けることにより“見えない”ことが見えるようになったり、知らず知らずのうちに、“思い込んでいる”ことから解放され、心、頭が冷静になり、より見えてくる、ということを何度も経験しました。

リセット、リフレッシュという観点からも、「休むこと」は大事です。

休んで充電 仕事に給電
2010 ・07 ・24 (土)
116 . “こと”シリーズ「諦めないこと」
成功の秘訣は、“成功するまでやり続けること”、と何人もの人が言っています。これは、成功するまで「諦めない」ということと同じ意味です。

この話をすると、“私には無理です。諦めやすい質ですから。”という人が必ずいます。その質を変えましょうよ。自分で決めたことは守りましょうよ。自分をそんなに簡単に裏切っていいのですか。自分をもっと大切にして下さい。だから、しつこく、しつこく諦めないでやり続けるのです。

しつこさが 自分を変える 高みへと

2010 ・07 ・31 (土)
117. “こと”シリーズ「踏ん張ること」
「踏ん張ること」と前週の「諦めないこと」はちょっと似ていますが、微妙に違います。追い込まれているけど、“うっちゃりを狙って踏ん張っている”、ということだからです。

追い込まれたという状況を経験している人は“いざ”、という時に強さを発揮します。逆に、順風満帆で来た人が、ちょっとした嵐に遭遇すると、慌てふためき冷静な判断が出来ず、致命傷を負うことが少なくありません。

ただ難しいのは、追い込まれた状況は意図的に作り出せるものではありません。擬似的に追い込まれた状況を作るのは、常に土俵際を意識しながら経営をしていくことでしょうか。稲盛さんは普段から「土俵の真ん中で相撲をとれるようにしておきなさい」と言っていますが・・・。これはこれで深い意味があります。こうなりたいと思っていますが、このように出来るようになるためには、もう少し時間がかかります。

踏ん張って 踏ん張り続けてうっちゃった