UVオフセット印刷技術を用いた点字印刷及び触図印刷の開発と普及(要約版)

新技術開発室 山崎 純

欧文印刷では、2011年よりUVニスを使用したUVオフセット印刷技術による点字印刷・触図印刷の研究開発を行ってきました。UVニスを使用した点字・触図印刷技術は、文字や絵柄の視認性を損なうことがありません。一般の晴眼者用印刷物上に点字や触図を印刷することにより、視覚障害者と晴眼者とが共通の情報を得ることができます。

又、UVオフセット印刷技術を活用しているために視覚障害者の日常生活に必要な印刷物(カレンダー、マニュアル、路線図、大型商業施設構内図など)を大量に早く製作することができます。

私たちは、この印刷技術により視覚障害者、弱視者、高齢者の情報保障に貢献していくとともに、2020年開催予定の東京オリンピック・パラリンピックに向けて私たちの暮らす国が、東京が、多様性に配慮された住みやすい国、都市になって行くことに向けた活動をしていきたいと考えています。

特徴

  1. 紙点字と比べて耐久性に優れ、摩耗による潰れ、汚れが少ないです。
  2. オフセット印刷技術の制作方式を活用しているために製作期間が短く、大量に製作することができます。
  3. 無色透明なニスを使用していますので、文字や絵柄の上に重ねて印刷しても文字や絵柄の視認性を損なう事がありません。
  4. 点や線のパターンやサイズを調整できますので、特に触図の作成が容易です。
  5. 画像に音声を埋め込む事ができますので、カラー印刷、点字・触図印刷、音声コードが1枚の印刷物にセットできます。

 

関連ページ

触図・点字付与オフセット印刷サービス
欧文印刷の点字・触図印刷の今後の可能性について