経営理念

お客様の繁栄、社員の繁栄、会社の繁栄、社会の繁栄のため、

活力ある成長発展集団であり続けます。

                                                                        代表取締役  和田美佐雄

 

外国語の印刷を出発点とする私どもは、欧文組版の技術開発にともない、1985年からデジタル化に着目してきました。

そして、2000年1月に「e-printer 宣言」をして以来、私どもは“印刷とWebを融合させる技術を持った会社” として、さまざまなネットサービス開発を行っています。「Web名刺作成サービス」 から始まり、「ブログ製本サービス そして2010年6月から「フォトブックサービス が加わりました。これらを商品化したコアテクノロジーを活用して、今後もユニークなオンラインパブリッシング・サービスを開発していきます。

また、印刷技術においても品質向上を追求し続けるなか、2006年12月に視覚のみならず触覚に訴える独自のニス印刷技術を開発し、それを感性価値印刷と命名しました。このニス印刷技術は、その後特許を取得した「消せる紙」、さらに「NUboard」というオリジナル商品の開発につながり、大手小売店およびAmazonで販売するまでに育ちました。

市販のハード・ソフトを導入すれば、ある商品やサービスが出来る、というものに私どもは関心がありません。あくまでも、独自開発の技術に根ざした商品開発とサービス開発に、私どもは拘って行きます。

しかし、どのような技術を駆使しようとも、コミュニケーションの原点はお客様の立場に立って仕事をすることだと、私どもは考えます。お客様が抱える問題を発見し、その問題の本質を考え、根本的な解決策をご提案しようとする姿勢に変わることはありません。

欧文印刷は、独自開発の技術を駆使し、コミュニケーション・エキスパートを標榜する集団です。