欧文印刷株式会社(社長:和田美佐雄、本社:東京都文京区、資本金:2億8,150万円)は、世界初となるオフセット印刷機による点字印刷技術を開発しました。従来の方式と比較してコストを最大1/4、製造時間を最大1/8と大幅に短縮することが可能です。今後は幅広いクライアントに対して点字・点図を積極的に提案していくほか、オリジナル商品の開発も進めてまいります。

概要

これまで点字の印刷物を作成するには、主にエンボス方式の点字印刷機(紙点字)やシルク印刷機が用いられてきました。しかしながらエンボス方式は時間の経過とともに点字が潰れてしまったり、大量生産ができないといった問題点がありました。また、シルク印刷を用いた場合も生産性の問題でコスト高が大きな課題となっています。
今回、弊社が開発した技術は、無色透明なUV硬化型ニスを使用したオフセット印刷による点字印刷です。
大量印刷を前提としたオフセット印刷機を利用することにより、従来方式との比較では製造効率が8倍以上となり、コストを最大1/4程度まで圧縮することが可能です。また、墨字と点字を同時に印刷することも可能なので、従来のように晴眼者用、視覚障害者用と二つの印刷物を製作する必要はありません。

特徴

  • エンボス方式の点字印刷に比べ、耐久性に優れ摩耗による潰れ・汚れが少ない。また、用紙の裏面に凹が発生しない
  • シルクスクリーン印刷と比較して約5倍以上のスピードで製造できるためコストが安い
  • 無色透明なニスを使った点字印刷なので、カラー印刷面の上(表裏両面)に点字印刷が可能
  • 点字だけでなく絵本や地図などに利用できる点図(図形)にも柔軟に対応できる

開発の経緯

外国語を専門に扱う印刷会社としてスタートし、2006年からは開発型企業を目指して全社を挙げて新技術やサービスの開発に乗り出しました。
この中で生まれてきたのが弊社で「感性価値印刷」と呼んでいるUVニスや水性ニスを使った表面加工技術で、これまでに「ウルシ印刷」や「消せる紙ニス」といったオリジナル技術の開発に成功しています。
今回の点字印刷は、印刷会社として従来とは違う形で社会貢献をしていきたいとの思いから開発したもので、主に健常者の子どもたちと視覚障害の子どもたちが一緒に遊び学ぶことが出来る絵本や知育教材、また、商業印刷物への点字印刷の普及を目指しています。

メディア掲載実績

日経産業新聞(5月30日付け一面)

商品紹介URL

商品紹介URL
http://www.obun.jp/varnish/braille/

お問い合わせ先

欧文印刷株式会社
所在地:113-8484 東京都文京区本郷1-17-2
担当:営業推進室 坂本  新技術開発室 山崎
TEL:03-3817-5910 FAX:03-3815-7557